スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンランコエ

カランコエの雌しべにピントを合わせて、開放F値で撮ってみました。
被写界深度が浅いので、花びらからボケていてとてもきれいですね。

<開放F値 等倍>
カランコエ

では、もう少し絞ってみましょう。
タムロン272E、魅惑のF5.6で撮りました。
この絞り値、ピントを合わせたところはシャープで、ボケもなだらかにボケて花撮りに最適な絞り値なんです。
お試し下さいね。

<F5.6 等倍>
カランコエ

カランコエだともう少し絞ったほうがいいようです。
後、やや横のアングルから撮ったほうが立体的で奥行感が出そうです。
絞りをF6.7で絞り、横アングルで立体的に撮って見ました。
カランコエの作品、完成です。

3月4日追記 ペイレスイメージズに採用されました。

<F6.7 等倍>
カランコエ
K20D TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di [90mm F6.7 1/45 ISO200 ±0EV]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最適な絞り値

これは表現の仕方しだいですね~
同じ表現(ボケの具合等)でも像倍率で変わってきますし。
なのでF5.6が最適と決めつけてはダメですよ~

272Eのボケ、やっぱりいいなぁ~

そうでした~~!!

ハーブ園のハウスにたくさん植えられてたんですけど、この花の名前が思い出せなかったんですよー^^;
カランコエでしたね(*^▽^*)

F5.6の画が好みかも♪
アングルもあるけど^^;

暗すぎて失敗したので次回はかもめにも連動できるように頑張ります!

ナイス兄貴さん 了解です。

ナイス兄貴さん、アドバイスありがとうございます。
そうですね。固定した観念持たない方がいいですよね。

まだ、272Eに慣れていないので、F5.6を基準に撮って見て判断しています。
小さい花だと、このF値の前後がいい感じの仕上がりになります。

シグマのマクロだと、絞っていくと2線ボケがはっきりしてくるので、
やはり、花撮りにはタムロンのマクロが向いていますね。

甘雪さん コンニチハ

カランコエ、多肉植物なんですよ。
葉が肉厚あるでしょ(笑)

多肉植物の花ですが、原色に近い色が多いですよね。
くっきり、はっきりしているので、撮り方に気をつけないと造花に
なってしまします。

撮影、日々勉強ですよね、

もうひとつ

等倍だと開放で撮影しても露出倍数の関係でF5.6になります。
なので等倍F5.6はF11と等価と考えて下さいね。
1:2ぐらいだと開放でもF4と等価になるので、決めつけはやはりダメですね。
表現にこだわる時は絞りを変えて何枚か撮るしか無いです。

なるほど勉強になります

>等倍だと開放で撮影しても露出倍数の関係でF5.6になります。
あらためて、取扱説明書見てみました。
「露出倍率表」等倍では露出補正量は+2段ということですね。

F2.8→F5.6
F4→F8
F5.6→F11

表現にこだわる時は、絞りを変えて撮るようにします。
ありがとうございます。
プロフィール

iMovie

Author:iMovie
FC2ブログへようこそ!

東京電力
写真・イラスト素材販売サイト
下記サイトにて写真素材を販売しています。 フォトライブラリーのアーティスト名は、iMovieです。
デジカメオンライン
デジカメオンライン
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぷち掲示板
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
訪問者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。