スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューリップの蕾 モノクロ

チューリップの蕾をモノクロで撮ります。

今日のレンズは、A50mmF2です。

このレンズも階調が深くて、モノクロを撮ると、とても味わいある絵になります。
絞り開放の柔らかい描写もいかして見ました。

<ハードモノクローム>
チューリップの蕾
K20D A50mmF2 [50mm F2 1/500 ISO100 ±0EV]

蕾についた水滴をモノクロで撮ります。
こちらも、絞り開放の柔らかい描写を活かしています。

<かっこいいティスト モノクローム>
チューリップの蕾
K20D A50mmF2 [50mm F2 1/500 ISO100 ±0EV]
スポンサーサイト

A50mmF2 標識チェック

A50mmF2 標識チェックしました。
う~ん、開放F値での描写は甘いレンズですね。
FAリミ、DAリミを使うようになって、余計に甘いと思ってしまします。

A50
K20D A50mmF2 [50mm F2 1/4000 ISO100 ±0EV]

A50
K20D A50mmF2 [50mm F8 1/350 ISO100 ±0EV]

ピント追い込んでだ状態でこの程度です。開放F値だとかなり厳しいです。

A50

F8まで絞り込むとシャキッとした描写ですね。写真レンズ工房さんで調整した甲斐があります。

A50



ピント位置をセレクト

K20D+FA50+クローズアップレンズNo.5で撮っています。

右側に花を寄せた構図にしています。 (AFで、蕾にピント位置をセレクトしています。)

蕾にピントを合わせようとした場合、一般的には、MFで蕾に視線を合わせてピントを追い込みますよね。

右側への視線の移動が出来にくいので、私にとっては一番苦手な構図です。

この構図のピント合わせを助けてくれるのが、K20Dのピント合わせのセレクトです。

ファインダーを見て、蕾にあたるところの測距点を選択、後は、AFボタンでピントを合わせればいいので、
目の負担がありません。

また、合焦していると選択した測距点が光るので、確認が容易です。

K20Dを買った理由のひとつが、合焦の確認が容易にできることなんです。

K-mは、ファインダー下に合焦マークが表示されますが、このマークにも視線移動が困難なのです。

目の障害を負ってカメラを始めましたが、あらためてスーパーインポーズ機能は必須と思っています。

K20D7728.jpg
K20D FA50mmF1.4 [50mm F8 1/30 ISO100 ±0EV]

ピント位置 赤丸
K20D7728t.jpg

JPEG撮って出しの花の写真 K20D A50mmF2

K20D A50mmF2
カスタムモード 雅 ファインシャープネス+4 記録サイズ6M 画質★★★(S.ファイン)
ダイナミックレンジ拡大オフ 露出補正なし

ヒガンバナ

ニチニチソウ

K20D3536.jpg
プロフィール

iMovie

Author:iMovie
FC2ブログへようこそ!

東京電力
写真・イラスト素材販売サイト
下記サイトにて写真素材を販売しています。 フォトライブラリーのアーティスト名は、iMovieです。
デジカメオンライン
デジカメオンライン
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ぷち掲示板
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
訪問者数:

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。